卜占について

卜占と訊かれて、全然わからない。

なんなのそれ?って思われる方いっぱいいらっしゃると思いますけどね、 卜占の経験の無い方って多分いないと思うんですよ。

ただ卜占、ああこれが卜占って思うのは結構あるかな、と思うんですね。 言われればわかる。 言われないで卜占って言われると、えっ何それ?って思うんじゃないかな、と思いますね。 これね、みんな大体経験してる。 経験していないのは中々無い。というよりほぼいないと思いますよ。

じゃあどんなのが卜占?っていうと、そうですね最近はアレでしょうけど よくサッカーとか何かの試合で審判がコインをトスするじゃないですか。 落っこちてどっちがどっち、これも卜占なんですよ。 えー!?って思うでしょう? あと、トランプ。トランプでなんかやったことありますよね。 これなんかも卜占の内ですよね。 で、タロットカード。これは完全に卜占ですよね。

大体こんな形のものが非常に多いですよね。 あとあの古い人っていうか我々ぐらいの人だと下駄を履いていて 下駄をそのままポーンと蹴って裏か表かってね、アレなんかも卜占なんですよね。 あと女の子が適当に花を摘んできて、摘んだ花の花弁で 愛してる、愛してない、愛してる、愛してない、ってこれも卜占ですからね。 こういうものなんですよ。

で、まあそれって偶然だからアテにならないじゃないかって言われるんだけれど これが結構アテになるのね。 非常に精密に答えが出るようになっている。 これはやっぱりね、易で卜占をやる、或いは中国占術でいろいろ卜占をやる、 これはやっぱり相当精度が高いですね。 日本気学でっていうとね、これでやって素晴らしい結果上げて卜占でズバズバ当てるってい う人が昔本当に豪の者でいらっしゃいました。 それはものすごい大家ですね。

ただね、今は大分少なくなりましたかね・・・まあそういうようなのもありますね。 だから卜占っていったら色々なものがありますけど、何でも卜占は出来ます。 それはもう色々な形で卜占はすることが出来ますね。 四柱推命で推命です、って言われても四柱を建てたことによってそこから卜占出来ますし ね。 それからあとは奇門遁甲だとか大六壬だとか色々な占術がありますがそれでも出来ますよ ね。 もちろん西洋占星術の星の形から卜占する人もいますよね。

それから紫微斗数で卜占される方もいますよね。 種類としては卜占って何を占うか?って話になりますが 今年の年運をやる、それもありますね。 でも今年の年運占う中で自分の年運を占うとか、家族の年運を占うとか、まあそういうのは 出てくると思いますので。 中にはそれ以外でもって今年の我が国はっていって日本のことを占う人もいらっしゃる訳で すね。 これは測局っていう形で出て来ると思いますけど、これ確実にあります。 で、これをみて「今年この国はこうなるのか。うーん」って思われてそこから方針を立てら れる人はかなり偉い方だと思いますけどね。

まあそういう意味で今年っていうのを占う方もあれば、 あとはお財布失くしたとか 今日デートだけど上手くいくかとか 開店の日が何時何時なんだけど、これ晴れるの?どうなの?って天気を看る方も居れば 明日のドル円相場、こういう方もいらっしゃいますね。

それから後は簡単な風水とか、それも看ますよね。 それから旅行ですね。行き先で何か起こるか看たいとか 地震とか、火事、それから災害関係ですかね。こういうのも看ますね。 こういうもの含めて全部卜占ですね。 卜占で看ていくのは大体そんなものです。 向こう大体有効期限が2年くらいと見てもらえればいいかなと思いますね。 卜占は有効期限がそれぐらいです。

ただ相術の方は本当に、相術の方で言いますがほとんどその場ですね。 その場っていうのを看ていくあれです。 卜占との違いはそこにありますね。 卜占は有効期限2年ぐらいの間のことは大体出てきてくれます。 そこのところでやっぱり違いは出るかなと思いますね。

あなたの側にいる双龍門占術師紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする