相術について

あなたの現在がよくわかる相術とは?

相術というものを聞いたことがあるのでしょうか?

大体の人は知っていると思いますが、顔を見て「顔相或いは人相」、それから手を見て「手 相」、足の裏を見る「足相」なんてのもありますね。あとはお墓を見ての「墓相」とか、家を見ての「家相」これは風水に入ってくると思うんですけどね。

日本の「家相」と「墓相」についての違いは風水の方のホームページに書いてありますので、こちらを参考にして下さい。

それで「相術って何ですか」って話ですね。                       これはその人のその時その場の現在を表しています。

現在の何を見ているのか? エネルギーの状態を見ています。               その人がどんなエネルギーの状態になっているかというのを、その時その場の時間で切り取って見られますよ、ということです。 ここが非常に重要かも知れませんね。

その時の状態で何が分かりますか?って、これはほとんど何でも分かりますね。       ハッキリ言うと、その時その場のパッと見た感じで、病気、怪我、それから結婚、恋愛、セックス運、それから金運、職業運、今やっている仕事が上手く行っているかどうか、 そういったもの、大体分かります。

あとは家庭運だとか、子供がどうだとか、そういったものも大体出ますよね。        ただ、お子さんの場合は、お子さんも見ないと。 お母さんから見て子供っていうのはわかります。でも子供さんが今どういう状態なのかは、子供さんを直接見ないとわからない。

こういう点は相術では非常に重視されてますので、それぞれ看ないといけない、ということです。 そこのところは他の占術とは少し違うかなと思いますね。それは少し注意して頂きたいと思います。

ただ大体のことは全部わかります。 そこが一般の相術と私達双龍門の相術の違いです。    一般の相術、特に手相とか顔相とかっていう場合、これは大体が西洋系の占星術の影響を受けているものが多いです。或いは大体九星気学の影響がやっぱりあると思います。

これが今、巷でよく出ているものだと思います。でもこれは、ちょっと情報量が少ないんですよ。なので情報が足りなくなる可能性が高い。                     そうすると、詳しいことがちょっと分からなくてボンヤリした形になるので、外れているか?といえば外れてはいない。外れてはいないけれど、突っ込んだことはあまりわからない。   こういうことが出てくることがあると思います。

そこのところが違うかなと思いますね。                         私達双龍門の場合、どんな特徴があるか?というと「脈相」とか「舌相」とか「腹相」というのが入ってきます。

双龍門は中国医学系なので、中国医学から発達した相術が出来るんです。          なので脈をみて、舌をみて、お腹を触って、これで判断していきます。 だから当然、病気にはすごく強いです。この病気が、こんなのがあるよ、そしてこれがどうなっていくのか、ということについても、やはり詳しく見られるのが、双龍門の特徴です。

もちろんそこから手相であるとか顔相であるとかに発展させて、恋愛はこんなだろう、とか 携帯落としたんだけど、どこにあるんだろうか、というのも出来なくはないです。      脈と舌をみた上で、普通ならそれで病気がわかるだけだけど、いやそうじゃなくて、携帯の在り処が知りたい、どこに置いたのかわからなくなっちゃった、携帯失くしたら困るから携帯の在り処を教えて。というのも出来るんですってことです。

それにおまけで、あなた今胃がちょっと調子悪いですね、胃を治した方が良いですね。こういう風にやったら胃が治せますよ。というのを教えてれるとしたら、お得でしょう?それ。   胃の治し方と同時に携帯の在り処もわかる。こういうことが双龍門では出来るんですよ。   ですから、これは非常に便利に使えるのではないでしょうか。

それで、治し方。病気の治し方については、どういう漢方薬を飲めばいいか、とか、どういうところにお灸を据えればいいか、とか、エレキバンはどこに貼ればいいか、などが相術で出てきちゃう訳です。 これがやっぱり便利だな、とつくづく思うわけでして、これを皆さんに是非活用していただきたいと思っています。

あなたの側にいる双龍門占術師紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする