あなたの側にいる双龍門占術師紹介

あなたの側にいる双龍門占術師を紹介しましょう。

双龍門第76代掌門(継承者)黄 龍英。

精神医学の本場米国カルフォルニアの世界トップレベルの大学病院で「精神科」の仕事に従事しながらも、本当に治せる医学を追求するために、中国伝統医療である東洋医学(中医学)の道に入られました。

WHO(世界保健機関)のTCM条約に加盟していない日本国内では、中医学専門のドクターとしての医療活動に従事することができないことから、TCM条約加盟国であるマレーシアのジョホールバルに移住されました。中国伝統医療を用いた東洋医学(中医学)専門病院を開業され、治療活動に日夜従事されています。噂が噂を呼び日本からも連日のように患者が先生の下に訪れています。

風水や占術に初めて触れたのは幼少時、台湾の養母が論語や易経の話をしてくれたからです。養母は繰り返し繰り返し、人生を生き抜く上で重要なことがこれらの書には秘められていると教えられました。

その後、邱永漢先生に出会い、経営や投資についての教えを受けているときに「風水で財を成した男!!」の話を伺い、大変興味を持ちました。それから熱心に研究を始めました。

さらに易学や占術が中国の伝統医学では密接に結びついていることを大学で教わり、数多くの患者さんの施術で自ら実践していくうちにそれが本当だと確信しました。その経験が皆様のお役に立てていることを喜びに思っております。

各地方の担当者を紹介します。

北海道

 

東北

黄 百龍(おう ひゃくりゅう) 山形県山形市在住

1985年11月2日生まれ31歳。
大学卒業後、大手アパレルメーカーに勤務。
その後、地元山形にて自営業含む会社経営に7年間従事。
恋愛問題や会社の経営状況の悪化、株式投資の失敗など、多くの苦難に苦しむ中、2016年3月、黄龍英先生の占術を受ける。
先生より指示された対策法を忠実に実施したところ、問題が解決に向かったことから、易経・四柱推命に興味をもつ。
その後、2016年8月より本格的に易経を学ぶため、黄龍英先生に見習いとして師事。今に至る。

東京 神奈川

黄 壮開(オウ ソウカイ)横浜市在住

「僕のところには売れたいです、成功したいです、と夢を持っている人がたくさん来る。  彼らの中には本当にすごい才能や実力を備えている人もたくさんいる。          でも彼らの中で実際に売れて成功する人はほんの一握りだ。               そのほんの一握りの人達とそれ以外の人達の明暗を分けたのは何か言えば、        僕はそれは運だと思う」

何かの拍子に目にした有名なプロデューサーさんの言葉です。              未だ若輩の身ではありますが、これまで見聞きしてきたことを思えばこの言葉に頷けるのです。

世の中には人の作為を超えた力の働きがあって、時として人には思いもよらない幸運や目を背けたくなるような不運に翻弄されてしまうことがあると。

申し遅れました。私、双龍門占術師の黄 壮開(おう そうかい)と申します。

自分に出来ることは何か。

自分が生涯を掛けて打ち込んでいくべきものは何か。

そんな探求の中で出会ったのが黄 龍英(おう りゅうえい)師であり、双龍門占術です。

双龍門占術との出会いは、私自身が鑑定を受けた事でした。

当時の私は生きていくに当っての方向性に迷っていました。

差し迫った危機に脅かされている訳ではないのですが、希望も道も見失って途方に暮れている。そんな状態でした。

鑑定していただいた後の手応えも「うーん、そう、なのかな?なるほど、そんな気もするかも、うん・・・」という釈然としないものでした。

そこに占術の講座へのお誘いを頂いて学び始めたのが始まりでした。

双龍門占術は歴史ある中国占術の流れを汲んでおり、占術の学びとは理の学びでもあります。占術を学ぶにつれ自分の中に鬱積していた様々なものが理路整然と腑に落ちてゆくのは意外な体験でした。

長年抱えていた「どうして・・・?」「ナンデ・・・?」といったものが占術の叡智で解きほぐされていくのです。学びが進むにつれ鑑定していただいた内容も自分の中で受け止められるようになっていきました。

これは鑑定を受けられた方々の中にもおられると思うのですが、鑑定を受けて言われたことというのは真に受け止めるまでに時間が掛かるということがあるのです。

うんと時間が経ってから「ああ、そうだ。全くもってその通りだ」とある日突然受け入れられたりするのです。そうやって様々な学びを深めていきました。

その中のひとつをご紹介致しますと・・・冷たいことを言うようですが、どうしたって人間向き不向きはある、ということです。人には様々なタイプがあります。よくいう血液型性格判断のようなざっくりしたものでは測りきれないものがあります。色々なものが絡み合ってタイプや個性と言われるようなモノが形作られております。

その結果として・・・御本人の希望がどうであれ、どうしたってこの人にこれは向かない、というものは出てきてしまいます。占術の叡智はそういうものを明確に示します。

私はこの「明確に認識する」ということが大切なことだと考えています。「明確な認識」さえあれば、ではどうするか?という前向きな思考や姿勢に繋げられるからです。

人を形作り、タイプや個性の元となっているものは何か・・・考え方や切り口によって答えは様々あるでしょうが、そのうちの1つに「運」があると私は信じています。

ここに来て冒頭の話に繋がる訳ですが、目に見えるもの・手に触れられるもの以外の何かが人に影響を与えているということです。目に見えないもの・手に触れられないものなのに、人に影響を与える何か、それが「運」ではないかと。

「そんなことないよ。人は自らの意志や努力・行動で何もかも決まっていくんだよ」と思われる向きもおられるかもしれません。

しかし私は「ではその意志を持つに至ったのはナンデ?努力を重ねることが出来た下地にあるものはナニ?」と思うのです。

意志や努力・行動で人生を拓いていける、それ自体が幸運の賜物ではないでしょうか。

やるべきだ、と考えていてもやる気が湧いてこない、体が動かない。逆にやるべきではない、と頭ではわかっているのについやってしまう、やめられない。

そういうことって世の中には多くあります。

人の性(サガ)とか本能とか欲望とかなんとかかんとか、理由付けは色々と出来ますがそういうものも大きくひっくるめて「運」は作用しているのだと。

双龍門占術の凄味は改善、好転への手掛かりが得られることです。例え望んだ結果が100%得られないとしても何%かは近づける。その希望に私は魅力を感じています。

いいですね 、 悪いですね、でハイおしまい、ではないのです。

持って生まれた性質・傾向を理解した上で、そこからじゃあどうしましょう?なのです。 様々な御縁、様々な巡り合わせによって今では私が人様のこういったことを鑑定させて頂く機会に恵まれております。

鑑定させて頂いた方の中には「あの時とは違って今は人生に希望が持てています!」と仰って頂けた方がおられます。

本当に、我が事のように嬉しく思います。

またある方は「教えてもらった対策のおかげか○月に(まとまった金額)万円の臨時収入があります!」と仰って頂いた方もおられます。

私の学んだ占術の叡智が御縁を持てた方々の人生をより良い方向に変化させるキッカケになればこんなに嬉しいことはない、そのような思いで日々活動しております。

以上をもちまして自己紹介とかえさせて頂きたく存じます。

お付き合い頂いてありがとうございました。

名古屋 岐阜◆

 ou zuigen(黄 髄源)(オウ ズイゲン)

新潟県生まれ 実家は神奈川県小田原市                     中央大学法学部法律学科卒                           大学時代司法試験を目指していたが ロクに勉強もせず、あえなく挫折 大手物流企業グループの保険企業代理店に入社 転勤で広島・東京・大阪・大分・名古屋と勤務。 現在は名古屋で単身赴任中 上司との相性が悪く、 左遷され大分勤務となり、 不遇な時代を過ごす。

改めて自分の占術鑑定をしていたら あの時期、非常に運気が悪いことが分かりました。もし、あらかじめ十分な対策を行なっていたら、今とは違う人生を歩んでいたかもしれない…。  

ただ、自分自身の命式が 大地にしっかり根を張った草木なので、逆境に強い雑草魂を生かして社会に、皆さんのために役立てていきたいと思っています。  

人生の様々なステージで悩んでおられるあなたのために、あなたのオリジナルの『黄金の羅針盤』を作り、『夢先案内人』となるべく 日々研鑽を重ねています。  

【尊敬する人】上杉鷹山  

【好きな映画、ドラマ】トップガン、メンタリスト 音楽は、竹内まりや、松任谷由実の大ファンです。                            

【座右の銘】 即効を期待せず亀になれ 

【Amazon著者ページ】 https://www.amazon.co.jp/-/e/B01MS5JO4I (私が出版している本の詳細等がご覧になれます。)

【フェイスブック】 https://www.facebook.com/furukawayasuhiko (気軽にフォローをして頂ければ嬉しく思います。)  

【ブログ】 http://qheian.xsrv.jp/wp/?cat=9

京都 大阪

黄 崇礼(おう しゅうれい)

兵庫県で育ち、現在は大阪府に在住。                          大学卒業後、コンピュータシステムの開発・運用の仕事に就き、現在に至ります。

勤め始めてから数年後、取引先の業績が悪化し、お世話になった方達が多数リストラされる光景を目の当たりにしました。                              厳しい現実を実感すると同時に、会社勤め一辺倒の生活に疑問を感じるようになりました。そう感じつつも、依頼された仕事をただこなしていく毎日…。

特にやりたいこともなく、何をしたらいいのか。                    漠然とした不安を抱え始めるようになりました。

その頃に黄龍英先生の四柱推命鑑定を受け、「もっと自分に自信を持っていいんだ」と思えるようになり、 自分の得意なこと、好きなことが明確になりました。

そして四柱推命鑑定という客観的なフィルターだから、 自分の長所に自信を持っていいのだと思い、気持ちが軽くなりました。

自分は何者か?                                    自分は何に向いているか?                               これから始めたいことは上手くいくか?

自分自身について、よく分かっていない方。 客観的な自分の評価を知りたい方。             自分に自信がない方。 このような方々、かつての自分と同じ悩みを抱える方々の手助けをしたいと思っています。 得意・不得意、人生の傾向等、鑑定者様個人にフォーカスした鑑定を得意としています。

岡山

黄 明聞(おう みんぶん)

岡山県生まれ岡山市在住
早稲田大学政治経済学部中退
陸上自衛隊狙撃手
現在は退官し実家の後を継ぎ不動産投資家

気功に目覚める!!

2年ほど前に参加した龍英先生の医院での合宿にて、いわゆる気が実在することを体験しました。その時は30分ほど身体を温めた後、龍英先生がひょっこり現れ、私の顔の前方15cm位の何もない空間を引っ張る動作をしました。通常何も起きません。が、私は何かに引っ張られ、転びそうになりました。

「すごいですねえ!何かのマジックですか?」と言いながらも、私は「なんやねんこれ」と話したこともない関西弁で自問自答していました。
このことが切っ掛けとなり、先生の元で修行をすることにしました。

すごい!!

日常生活面にはまだまだ神秘と言えるものが潜んでいると思います。

それからというもの、私は延々と気の利用法について試行錯誤を繰り返しています。全く『気』というものに魅せられて取り憑かれたように『気』についての修行の日日を過ごしております。今の私は全て『気』の研究と修行にどっぷり浸かっている生活です。こんな楽しいことはありません。

『じゃあ 占術師じゃあないの?』

いえ、占術師でもあります。『気』のチカラを使って占術の精度を上げています。     あなたのお店の売り上げを上げる方法や素晴らしい出会いなどは勿論、変わったところでは 未来の人口の増減、その年の降水量の推移、GDPの変化、犯罪率の推移などについて割り出すのが得意です。

ただ余程のことがないと割り出したものをお伝えすることはしておりません。

また訓練に1日あたり6時間程度必要であり、これを多忙な現代人が達成するのは極めて困難なことから、気功の教授はちゃんと決意を固めておられる方以外は受け付けておりません。

まずは基礎となる呼吸法や気功を担当させていただきます。               これらの手法は何千種類もありますが、効果のあるだけ継続してやれば良いのであります。

梅花易と奇門遁甲で近い未来を予測する 分析するのは得意です!!

現代社会では変化が速くてなかなか未来を予測しながら生活して行くなんて出来ない、と思ってませんか? そう、私もそう思ってました。

でも、双龍門の占術に出会ってからは予測は可能だと知らされました。

すごい衝撃でした。

皆さんも私と一緒にこの衝撃の体験をしてみましょう!!

 

香川

 

福岡

 

熊本

 

宮崎

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする